travelife

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国語学留学 3.住居と学生寮

3.住居と学生寮

f:id:travelife:20170129091609j:plain

多くの学校で大学内に留学生用の寮が用意されています。寮費は大都市ほど高く設定される傾向にあり、北京市内の場合、一人部屋で一日60元から100元程度に設定しているところが多いように思います。二人部屋の場合は一人部屋の半額程度になります。毎日の通学のことを考えると大学内の寮は便利です。大学内には食品店、生活雑貨店、食堂や銀行、運動するための施設など、生活に必要なものがある程度そろっています。

f:id:travelife:20170129091624j:plain

大学外でアパートなど借りることも可能ですが、メリットとしては普通の中国人の生活を垣間見ることができる、日常で必要な中国語を話す機会が増えるなどが考えられます。地方都市の寮費は北京と比べると安いです。大学により、バラつきがありますので一概には言えませんが、共同部屋で1学期2000元を下回るようなところもあります。寮の申込み方法については、各大学により異なります。入学許可が下りた後、オンラインで事前に申し込みをする場合や、留学生事務局の担当者と直接メールなどでやりとりして部屋を確保してもらう場合など。入学当初は学校周辺のホテルなどに宿泊し、寮に空きがあれば後日手続きをして、寮に入るような学生もいます。それとは逆に、ある程度はじめのうちだけ学生寮に居て、現地の生活に慣れてくれば大学外にアパートを借りるような学生もいます。寮の部屋が不足している場合など、あらかじめ学外にアパートを借りる必要があるような場合は、留学生事務局の担当者がある程度サポートしてくれると思いますので、不安な点などがあれば事前に相談しておきましょう。