travelife

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国語学留学 6.現地通貨人民元の両替について

6.現地通貨人民元の両替について

 

f:id:travelife:20170201112541j:plain

中国の場合、はっきり言いますと、ほとんどのケースで日本発行のクレジットカードが使えません。授業料の支払や寮費の支払については、クレジットカードによる決済が可能な大学もありますが、レストランや買い物では多くのケースで日本で発行したクレジットカードが使用できません。クレジットカードにて授業料と寮費を決済しようと考えている場合は、事前に留学先の学校へクレジットカードによる決済が可能かどうか、確認しておきましょう。但し、中国内でクレジット決済する場合は価格に対し2%程度の手数料が発生するケースがあります。これはクレジット会社に支払う為替手数料とは異なりますので注意が必要です。留学時の大きな支出の二大項目は学費と寮費です。その他は、一度に支払う金額としては小さいですが、留学期間が長くなれば累積金額としては大きくなります。日本のクレジットカードによる決済はできないものと考えておいたほうが無難です。準備段階で銀行口座を開設しておけば、日本から事前に送金しておくことも可能です。また、一部の大学内には銀行もありますので、日本円で持ち込み、それらを大学内の銀行で中国元に両替している学生が多いです。日本で両替するよりも現地で円から元に両替するほうがレートは良いようです。一番簡単なのは日本発行のクレジットカードを使い現地のATMでキャッシングを行い、人民元を調達する方法です。この場合は、あくまでキャッシング(借金)になりますので、借入から支払日までの間、支払利息が発生します。カード事の締め日を把握し、締日あたりで借入を行えば当然、支払日までの期間が短くなりますので利息分は少なくなります。また、キャッシングをした情報が反映された時点でコールセンターに電話をして、繰り上げ返済を行うこともできます。その場合は、借入日から信販会社の口座宛に振込みを行う日までの日数分の利息になります。

f:id:travelife:20170201112705j:plain

写真は2015年発行の100人民元札です。中国は意外なほどキャッシュレス化が進んでおり、いたる所で電子マネーが使われています。